4期目を終えて

 

今年もこのブログを更新する時期が来ました。

早いもので前回の更新からもう1年経っちゃったってことですね。

うちの会社も4期目を終え、5期目に入ろうとしています。

奥さんには

「独立するって聞いて絶対貧乏になるって思ってた。奇跡だと思ってるYO!」

って言われるほど信用のない経営者です。

スタッフにも

「いやいやお前何いってんだしっかりしろ」

ってよく怒られます(T_T)

とはいえ、そんな僕もようやく会社の経営っぽいことができるようになってきたので、今回はその辺りを書いていきます。

思えば、特に2期目までは正直、経営じゃなかったですからね。

4年も事業をやってくるとこの文章の空気感もいい意味でこなれてきてて、肩の力が抜けてるのを自分でも感じますね。

ま、単なる自分のアウトプットではあるのですが、読者としてイメージするのは

  • 独立したばかりの人
  • 独立したい人
  • 僕のことを知っててニヤニヤしてる人

ってとこですかねw

基本的に自己満なので、うざかったらそっ閉じでお願いします!

3期目の終わりに考えていたことは8割実現できてる

僕は3期目の終わりにこう書いていました。

受託事業についてはこんな感じ。

この事業に関しては、これ以上利益が大きくなることは今のところない予定です。

また、メディア事業についてはこれ。

4月度の話で言えば、弊社の粗利の40%程度は、この新事業によってもたらされるようになりました。

これを今期は現状粗利の60%程度まで引き上げていくことを目標にしています。

そしてEC事業については、こう書いています。

このEC事業が成功した時に、おそらくこの3つの事業がグルグルと周りだし、既存のお客様はもちろん、周囲のパートナーさんや弊社の数少ないスタッフさんに、多少の豊かさを提供できるのではないかと考えています。

この中でできていないことは、EC事業がまだ育ちきってないことくらいですかね。

弊社EC事業はスタートが2月半ばでしたし、こればかりは仕方ないかなーと思います。

とは言え、ほぼ作っただけのサイトで既に数十万円の売上があるので、まずまずのスタートとなっていますよ。

これから流入施策や再購入施策を打っていけば、商品やブランドは間違いないだけに、大きく収益を伸ばすことができるでしょう。

考えたことを実現するにはどうすればよいのか

僕はですね、4期目は、メディア事業を育てることにめっちゃ心血を注いだんです。スタッフと一緒にね。

で、実際にかなりの利益を上げてくれるまでに育ちました。現在の月の利益の60〜70%ほどに成長してます。

それがどのくらいの金額かは公表を差し控えます。

知りたい人は飲みに連れてって下さい。

この60〜70%という数字は、3期目の終わりに目標として掲げた数字に近いものになっていますよね。

また、EC事業についても育ちきってはいないものの、将来的に大きく安定した収益を上げてくれることが、かなり期待できると踏んでいます。

これについてもまだまだ始まったばかりですが、動き出して売上が出だしている時点で、目標の一端は達成できていると思います。

さらに受託事業は伸ばさないと宣言して、そのとおりになりました。これによってメディア事業とEC事業に僕のリソースを回すことができたってことですね。

もちろん逆に言えば、メディア事業が大きな利益を上げてくれるようになったおかげで、受託を増やさずともECサイトの構築に注力できたわけです。

この3つの事業が、相互に作用しているんですねー。

ちなみに、ウチの受託案件の見積は、印刷もWebも独立当初と比較して、単価が二倍程度まで引き上げられています。

これも、3期目の終わりに書いてましたね。

  1. メディア事業で収益を上げる
  2. 無理して受託案件を受ける必要がなくなる
  3. 高単価の案件に時間を割いて取り組むことができる

この状況を、しっかり宣言通り作ることができたってことなんです。

売上や利益よりも、これが一番達成感があるんです。はい。

有言実行。

これができない人、結構いるんですよね。

「うう。。。自分のことだ。。。」

って思いましたね?思ってる人、わかってますよw

ただですね、実は「有限実行」するのって簡単なんですよねー。

それは、

沢山の人に「やる」って言う

ってことです。

直接会ったときとか、SNSとかWebとか使って、宣言するんです。

そしたらもうやるしか無いんですよ。

それでやらんかったら、

「あいつ口だけでマジでダセーなーーーー」

って言われるんですよ。

いや実際には僕の宣言なんて誰も気にしてないので、言われないです。

言われないんですけど、

「ああ。。。みんな俺のこと超ダサいやつだって思ってる。。。思ってるに決まってるぅ。。。」

って、自分が勝手に思うんです。

言ってることがなんか訳わかんなくなってきたけど、「有限実行」ってこれでできるんですよ。

100%じゃないにしろね。

逆に言うと、有限実行できない人って、中途半端にクローズドなところだけで「やります!」って言うんです。

やらなかったら恥ずかしい状況を作らない。

これじゃー、なかなかねーって思います。

これねーほんと効くんで、みんなもやってください。

僕みたいな人が、黙々と目標に到達できるまで、誰にも言わずに頑張れるわけないじゃないですか。

そんなスゲー人なら、とっくにもっとスゲー人になってますよ。

でもすごくなってないもん。

だから、人に宣言して、自分で勝手にプレッシャーがかかる状態にしとくんです。

あと、何人もに言うと、自分がやりたいことを繰り返し自分の口から話すことになりますよね。

これがねー、また効くんですよ。

っていうのも、自分のアタマの中にあることって、意外とふわっとしてるんです。

でも、これを自分の口で何度も話すと、アウトプットしつつ、耳でインプットしてるんです。

これで刷り込まれていくんですよ。

「俺はこうするんだ」

ってのがね。

これ浅野先生に教えてもらった「外化」ってやつでしょ?

って勝手に思ってるんですけどね。ちょっと違うかもだけど。

なんか目標達成がなかなかできないなーって人は、是非やってみてくださいね。

僕がいま先に見ているもの

さて有言実行について面倒くさい感じでつらつら書きましたが、ここからは5期目の展望を。

もう受託はかなり卒業に近い形まで持ってこられました。

もちろん依頼があればお請けしますが、積極的に取りに行くことはないですね。

コンペとかも直接案件だとあんまりやる気でないのですが、仲良くしてくださっている方に傭兵として依頼されるときだけは全力です。友達の役に立てるから。

それ以外の場合は、適度に知識や技術が錆びないように、最新の情報に触れられるように、来たものを受けるスタンスでいきます。

ま、単価かなり上げてるんで、ウチより安くいい仕事をする会社さんもあるでしょうしねー。

ってホントはそこをなんとかしたいんですけどね。

ウチより技術があって、真面目で、安い。

なんだそれ。ダメでしょ。

ウチより高いお金、頂きましょうよ。

いやたくさんお金をもらってる会社もたくさんあるの知ってますけど、安い会社もたくさんあるからね。

でも、受託やってる会社さんの多くは、真面目すぎるんですよ。仕事と相手に。

相手はできるだけ安く、それでいていいものを作ろうとしてきてるのに、それに乗っかっちゃうことが多い。

これを是正していきたい。僕の友達だけでもね。

理屈は簡単なんです。

ウチがやったことをコピーすればいいだけなんです。

受託がなくても困らない状況にすれば、逆に好きな仕事である制作案件に時間をたっぷり注げるんですよ。

そしてみんながそんな状態になったら、僕はその頃にはもう少し商流の上流に働きかけて、さらにいい条件で周囲にお金が落ちてくる状態をつくりたいんです。

で、僕は少しだけピンハネしますw

言い方は悪いですけど、まあウチの出口もしっかり見ないとってことですね。

とにかく、ウチは2年間リソースとお金を投資して、ビジネスを育てました。

Webを中心としたプロダクションとして、自社メディアにおける流入からCVまで、お客さんに提案しても恥ずかしくないだけの結果を出すことができました。

この知見をもとにもっと上流へと昇っていきたいと思います。

会社の存在意義は、いまは敢えて考えない

僕は

社会にINNOVATIONを起こしたい!

とか、

歴史に名を刻みたい!

とかそういう欲求がゼロです。まったくない。

でも、周囲の人にちょっと褒められるとか、家族が豊かになるとか、感謝されるとかは、すごく欲しい。

小さい承認欲求の塊です。

こんな僕なので、会社も「社会の為になる企業」とか、「社会にインパクトを与える」とかは全然考えてないです。無理だもん。

ただ、スタッフや、家族や、周囲の人が少しでも豊かになれるようにはしたい。

あとは僕が自由に飲みに行ければそれでいいです。

それだけは許してください。

ま、いまはそのために頑張る感じですねー。

一番に優先したいのは、やっぱりスタッフ

で、ここまで書いたことを実現するために一番大切なことは何かなーって思うと、やっぱりスタッフを大事にする、スタッフが前に進めるように場所をつくってあげることかなって思うんですよね。

これが冒頭で「経営っぽいことができてきた」って書いたことなんです。

僕個人が頑張るんじゃなくて、僕以外の人が頑張れる場所をつくる。

環境面はオフィス移転でかなり整ったと思うけど、待遇面はまだまだ。

やりがいのある仕事を運んで来続ける必要もあるしねー。

もちろんスタッフが「これやりたいっす」って言った時は、できる環境を整えたり。

だって僕が頑張ったってたかが知れてますもんねー。

僕より全然優秀なんだもん。

こんなの先輩経営者ならみんなわかってることだと思うんですけどね。

ただ僕は制作スタッフを雇用しない方針を貫いてるので、ちょっと本当の意味で理解するのが遅れちゃったんです。

で、「これかーーーーー!」ってなってます(汗)

ということで、やっぱり一番大切にするのはスタッフの二人。

その次に、長くお付き合いくださっているお客さんとビジネスパートナーって感じですねー。

5期目の目標

ダラダラと推敲もなしに書き進めてきましたが、そろそろ終わりにします。

で、最後に来期(5期目)の目標を。

  • 利益を今期の2倍にする
  • メディア事業をスケールアップさせる
  • EC事業を軌道に乗せる
  • 受託は現状維持くらいでキープ

この4つでいきます。

今期が終わって振り返った時に、恥ずかしいことになってないといいけどなー。

メディア事業は、色々とさらなる事業展開を考えてて、いま一番楽しいですね。伸びてるし。

ここを柱にしつつ、得たリソースをEC事業に分配していく。

今期に限って言えば、新しい事業を始めるイメージはないですね。今あるものをできるだけ伸ばす年にします。

具体的な金額が聞きたい人は焼肉ご馳走して下さい。美味しいやつ。


家族はなんか最近楽しそうなんで、今回はあんまり触れなくていいかなw

まとめると、株式会社ローリン、なかなかいい感じの4期目でした!

広告